【博多若杉もつ鍋】たったの1,500円で、博多の名店の「プルプルなもつ」を味わえるってよ!

こんにちは。

皆さん、もつ鍋は好きですか?

私は大好きなんです。あのプリプリのホルモン、最高ですよね!

 

でも家で作るもつ鍋は、何となく物足りない感じがするんです。というのも、スーパーで買ったホルモンはあたりはずれが大きいんですよね。

期待して食べてみて、美味しくなかった時のガッカリ感ときたら・・・。

 

ということで、そんな思いをすることのない「本当に美味しいもつ鍋」が食べたくなったので、以前から気になっていたとある名店のもつ鍋をお取り寄せしてみました。

今回お取り寄せしたのは、博多 若杉さんのもつ鍋です。

 

食べてみた結果として・・・非常にプルプルのもつが使用されており、買って損はないと思いました!

 

もつの量も非常に多く、お腹いっぱいになるだけの量が入っていました。

 

私が注文した3~4人前のものの値段が、4,611円(税抜き)。一人頭に換算すると1,537円~1,152円。

これを安いと取りますか?高いと取りますか?

普通にお店に美味しいもつ鍋を食べに行っても一人あたりで、大体1,200円以上はします。

それを家に居ながら、しかも、もつ鍋の本場博多の名店の味が家庭で味わえる。これでこの金額は、はっきり言って安いと言えるでしょう。

買ってもきっと後悔はない味と感じました。

 

ところで、みなさんはもつ鍋のお取り寄せってしたことありますか?

実は私は今回が初めてなんです。

 

今まででも美味しいもつ鍋セットをお取り寄せしたいなと思うことはありましたよ。

でも、おいしそうなもつ鍋があっても「ホントにこのもつは美味しいのか??」とか、いざ届いて「思い描いていたのとなんか違う・・」とかなるのが怖いんですよね。プリプリじゃなかったりしたら、ガックリですもんね。

また、3~4人前って書いてあるけど、もつは少ししか入っていないんじゃないかといった不安もあります。

 

でも、今回若杉さんのもつ鍋をお取り寄せしてみて分かりました。
これは後悔することなく美味しく、そして、イメージしていたようなプルプルなもつが食べられるお取り寄せだということが。

 

今日はそんな「博多若杉」さんのもつ鍋の紹介です。

 

博多若杉さんの「もつ鍋」レビュー

博多若杉さんとは、福岡県博多にお店を構えるもつ鍋・水炊きが食べられる居酒屋さんです。

こちらのお店ではもつ鍋・水炊き・そして博多名物明太子や牛すじ煮込みといったものの、お取り寄せを行っているんです。

 

今回注文したもつ鍋

今回私が注文したのは、3~4人前の牛ミックスもつを使用したしょうゆ味もつ鍋セットです。

若杉さんのもつ鍋で選択できるのは以下の項目

 

以下が選択できます
【容量】  2人前 or 2~3人前 or 3~4人前 or 4~5人前  
【牛もつ】 ミックスもつ(牛小腸・センマイ・ハツ)or 牛小腸のみ  
【味】   しょうゆ or みそ or 胡麻坦々 or あごだし or 塩とんこつ

ちなみに2セット以上の購入で、牛小腸や鶏つくねが追加で付いてくるという嬉しい特典もあります。

 

 

贈り物にも最適な梱包

インターネットでの注文から、4日後に発送されて届きました。
なんと送料は無料!これは嬉しい。

 

こんな感じに梱包されています。大きさが分かりやすいようにテレビのリモコン置いてみました。

 

開封すると、こんな感じ。

 

 

牛もつは、小腸・センマイ・ハツのセットです。

小腸のみのものを選ぶことも出来ます。

 

 

 

シメの麺もセットに入っており、ちゃんぽん麺が入っています。

 

3~4人前だと以下のものがセットに入っております。あとはキャベツ・ニラ・ごぼうといった食材を買ってくるだけで済みます。

博多若杉 もつ鍋(3~4人前セット)
牛もつ 450g
スープ 150g×2袋
ゴマ 10g×2袋
ゆず胡椒 1g×3袋
鷹の爪 0.5g×1袋
ちゃんぽん麺 150g×3袋
作り方説明書  

 

綺麗に梱包されています。箱の柄も高級感あっていいですね。贈り物にも良いでしょう。

 

 

ちなみに、このもつ鍋は冷凍品として配達されそのまま冷凍保存ならば90日間、冷蔵ならば3日間の賞味期限になります。

冷凍保存の場合、もつは食べる日の前日に冷蔵庫に移し解凍しておきましょう。

 

作り方も簡単

では作っていきます!

 

作り方は簡単。スープを煮立てて具材を入れるだけ。
詳しい作り方は説明書を読んでいけば分かります。

 

しょうゆ味のはずなのに、みその香りが??

スープを開封して鍋に入れます。

 

んんっ??

 

ここでおかしなことに気が付きます。

このスープから香ってくるのは、味噌の香り。私が注文したのはしょうゆ味のはずです。

 

「おかしい。間違いだ、クレームだー!!」と意気込みながら、もう一度説明書を呼んでみると・・・

 

 

と書いてあります。

確かに一括表示には「醤油味」との記載が。若杉さんごめんなさい。確認不足でした!

そしてスープからも酒かすの香りとほんのりアルコールっぽい匂いがします。

 

とこのように、若杉さんのもつ鍋しょうゆ味は、非常にみその香り・味に近くなっておりますので覚えておきましょう。

 

スープが煮立ってきたら、もつから入れます。

袋を開けるとたっぷりのもつが出てきます。

 

白い脂部分が、プルプルを予感させます。

この450gという量。けっこうな量です。大人3人~4人でも十分足りる量と思われます。

次に野菜を投入。」ごまや鷹の爪といった薬味も次々に入れます。

 

最後に蓋をして、少し煮込みます。

 

さぁ!完成です!

 

食べてみるとその味は・・・

では食べてみましょう!

まずはスープを飲んでみます。

 

もつの脂がたっぷりと染み出しています。

口に含むと、煮込む前にあったアルコール感はなくなっています。

でも、にんにく感はあまりありません。もつ鍋と言えば基本的に、にんにくが大量に入っているものだと思うんですが、なぜこれにはにんにく感があまりないのか?

 

その答えは、博多若杉さんのHPに答えが載っていました。引用させていただきます

厳選された新鮮な牛もつを、当店では職人が一つ一つ丁寧に手洗いすることで、
より一層もつ本来の旨味のみが際立つのです。

全く臭みのないホルモンは過度なニンニクを不要とする為、
酒粕の風味をいかした芳醇な香りたかいスープに仕上げることが可能となります。

 

要するに、職人さんが丁寧な下処理をしてくれているので、臭みが少ないもつになる。その為、もつの臭みを取るためという目的もあるにんにくを大量に入れる必要が無いということなのです。

にんにくの臭いが気になる人には良いですね。

 

 

では主役の牛小腸です。

 

どれをとってもプルプルで、食べると口の中でとろけました!

そして一切れあたりが大きいです。

 

ハツやセンマイはこんな感じ

 

もつは思ったとおり、3人から4人で十分足りる量でした。むしろ多いくらい。

「もつが少ないんじゃないか・・」という心配は杞憂に終わりました!

 

薬味の柚子胡椒は鍋に入れるのでなく、各自の取り皿に入れて使います。

 

入れると一気に味わいが変化します。いい香りです!ピリ辛さもしっかりとあるので、辛いのが苦手な人はやめておきましょう。

 

具材をたっぷりと食べたら、シメのちゃんぽんを投入です。

 

ちゃんぽんは冷凍したものを解凍せずに入れると説明書に書いてあります。

 

麺が茹でてほぐれたら食べごろです。

ものすごくもっちりとした歯ごたえのある美味しい麺です。

普段のシメの麺とは違う、ワンランク上の味。子供もモリモリ食べます。

 

全部美味しく食べきりました。満腹です!

 

博多若杉さんのもつ鍋をお取り寄せしてみた感想

今回初めてもつ鍋をお取り寄せしてみました。

博多 若杉さんの「もつ鍋」をお取り寄せ。食べる前まで少しばかり不安がありました。

 

「もつが美味しくないんじゃないか」

「容量が少なくて、足りないんじゃないか」といったものです。

 

しかし、食べてみてその心配はいらぬものだったことが分かりました。もつは非常にプリプリで口の中で溶ろけるレベル。

容量も十分すぎるほど。

博多名店の味が自宅で食べられるなら、一人あたり1,500円という金額は安いものです。

 

あなたも本当に美味しいもつ鍋食べてみませんか??