【モランボン】「悪魔の肉鍋用スープ」は食べてはならない・・・美味さに憑りつかれるよ!

残暑がおさまり秋の涼しさを感じる日多くなってきました。鍋シーズンの到来です!

各メーカーが新作鍋スープを発売させるこの季節、新たなる鍋スープのレビューをしようじゃありませんか。

ナベコ
久しぶりの更新で張り切ってるね!

 

今日ご紹介いたしますのは【モランボン】さんの鍋スープ「悪魔の肉鍋用スープ」です。

悪魔ですよ、悪魔。 なんだかアブナイ匂いがプンプンしますね・・・。このスープのどこが悪魔なのか?悪魔の魅力に憑りつかれてしまうのか?

ナベオ
食べてみた結果、どんな感じでした?

 

結果として、濃厚なスープがとても美味しく、悪魔的な魅力を持つスープであることが分かりました!

今シーズン食卓で活躍間違いなしの鍋スープであること間違いなしの「悪魔の肉鍋用スープ」。ではレビューいってみましょう! 

【モランボン】 「悪魔の肉鍋用スープ」

 【モランボン】 「悪魔の肉鍋用スープ」
      甘さ       ☆☆☆☆☆
      辛さ       ☆☆☆☆☆
      コク       ★★★★★
   おすすめ度(10点満点)     ★★★★★★★★☆☆

おすすめ具材:
・豚肉(バラ)
・キャベツ
・長ネギ
・にら
・天かす
・水餃子

スープ開封。ゴマの風味が効いてる食欲そそる香り!熊本ラーメンのスープに近い感じ

スープを開封すると、そこから香ってくるのはゴマの風味。これが最高に食欲をそそるんです。

そして濃厚な香り。この香りは「マー油」からきているものなんですね。

ナベオ
マー油ってどういったものなの?

 

マー油ってのはラードで揚げて作られた香味油のことです。ラーメンやチャーハンによく入っていますよね。特に熊本ラーメンにはマー油が入っていることが多く、マー油の香ばしさとほのかな苦さが濃厚な豚骨スープをより一層引き立てると言われています。

これが入っていると味がガラッと変わるとも言われるほど、味にインパクトを与えるものなんです。

 “マー油”とは、油と、適度に焦がしたにんにくを主な材料とする調味油です。別名「焦がしにんにく油」などとも呼ばれます。特に、九州・熊本ラーメンで香味として用いられることが多く、最近ではラーメンだけでなく炒飯やいろいろな料理へのちょいかけ等で幅広く使用されており、認知も広まってきています。 

引用:ハウス食品株式会社HP

ナベコ
まさに熊本ラーメンの豚骨スープって感じの色だね!

 

とても美味しそう!ラーメン好きの方は思わずよだれが出ちゃうようなスープですね!

具材投入。キャベツがおすすめですが、白菜でも良いでしょう

今回の具材はこちら。

白菜ではなくキャベツがおすすめとのことで、キャベツを入れてみたいと思います。キャベツって白菜と比べて葉が硬いため、煮込むのに時間が必要です。煮込めば煮込むほどスープが飛んでいってしまうので、スープを減らしたくないという場合はキャベツの代わりに白菜を入れるのもアリでしょう。

「水餃子」を入れるのもおすすめ!

そして今回は「水餃子」も入れてみたいと思います。

ナベオ
濃厚スープをたっぷり含ませたら美味しそう!

 

実食。味の濃さが秀逸!ラーメン好きは一度は食べるべし

では食べていきます。

今回キャベツを使用したということで、煮込み過ぎて少しスープの減りが大きくなってしまいましたね。

濃厚なスープの色がたまりません!

一口食べて分かるのは、このスープがいかに濃厚な味かということ。 めっちゃ美味いスープです!キャベツってしっかりと煮込まないと味が染み込まないタイプの野菜ですが、この濃い味ならば軽く煮込んだだけでも味がついて美味しく食べられそうです。

そして水餃子。濃厚なスープをたっぷりと吸い込んで絶品となっております!

濃い目の味だから、お供のビールはクリアな味のものがいいよ

お供のビール、今日は濃い味の鍋ということで、クリアでフルーティーな味が特徴の「ホワイトベルグ」が合うよ!

シメはもちろんラーメンがおすすめ!

シメとして用意したのはラーメンです。このスープにはラーメンが最もおすすめ。

今回用意したのはこちらの鍋用ラーメンです。このラーメンつるつるとした食感が特徴的で、ゆでこぼしも不必要。のびにくい美味しい麺でございます。

 

 

・・で、ここから先写真撮るの忘れて夢中で食べてしまったので、今日はここまで。すんません。

まとめ

今日は【モランボン】さんの「悪魔の肉鍋用スープ」を食べてみました。

ラーメン好き、特に熊本ラーメンのような濃厚な味がお好みの方にとって、一度は食べるべき鍋でございます。

きっと悪魔の魅力に憑りつかれるでしょう・・