ラーメンで有名な「スガキヤ」って知ってる?美味しい鍋スープも作っています

先日「塩タンメン鍋つゆ」を食べたのを記事にしました。

あわせて読みたい

【スガキヤ】「塩タンメン鍋つゆ」はコクがあってメチャうま!味チェンはバターラーメン風がおすすめ

あのスープを作っている「スガキヤ」って、皆さんご存知でしょうか?

ナベオ
知らない人も多いのかな?

 

私が住んでいる愛知県ではスガキヤの名前を知らない人はいないと言ってもいいくらい有名なんです。

今日はそんなスガキヤがどんなメーカーなのか。そしてスガキヤから発売している鍋スープにどなものがあるのかを紹介したいと思います。

 

スガキヤってどんなメーカー?

引用:スガキヤHP

愛知県名古屋市に本社を構える食品メーカーで、創業は1946年です。創業者のお名前が「菅木(すがき)さん」だからスガキヤという名になっています。

スガキヤは「スガキヤ食品」という名前で様々な食材も販売しています。販売している商品はラーメンの「麺」がメイン。

スガキヤは創業時、「寿がきや」という名のラーメン屋さんだったんです。

ラーメンチェーン店「スガキヤ」が有名

引用:スガキヤHP

そんなスガキヤの事業のなかで最も有名でスガキヤの名を全国に広めたのが、ラーメンチェーン店の「スガキヤ」です。英語表記では「Sugakiya」なん書いたりします。

このラーメンチェーン「スガキヤ」は、東海地方のショッピングモールには必ずと言っていいほど店舗が入っています。

ナベコ
愛知県だけでも、約170店舗ほどもあるんです!

 

スガキヤの他に、パチンコホールに店舗展開しているラーメン屋の「寿がきや」やうどん専門店の「博多うどん木村屋」なども同じ会社が運営していますが、その中でも知名度・店舗数共にスガキヤがダントツに飛びぬけています。

低価格豚骨ラーメンと甘味ものがメイン

そこで売られているのは主に、低価格のシンプル豚骨ラーメンとソフトクリームやぜんざいといった甘味ものになります。

スガキヤの大人気商品・ラーメンはこんな↓やつです。

引用:スガキヤHP

見た目はシンプルなラーメンですが、スープが非常に美味しい。昆布や魚介からとったダシと、豚がらからとった豚骨スープをミックスさせて作られています。

このラーメンの価格が、驚きの320円!しかも税込み!!ソフトクリームが150円なので合わせて食べてもワンコイン以下。安くないですか?こんな価格で利益が出るんでしょうか?

マスコットキャラクターは可愛い女の子の「スーちゃん」

スガキヤのマスコットキャラクターは、東海地方ではお馴染みのこの方です。

引用:スガキヤHP

名前は「スーちゃん」と言います。立ち上がった三つ編みと水玉衣装が特徴です。

あまり知られていないことですが、スーちゃんには家族がいます。ラーパパ、メンママ、プーちゃん(弟)、ウーちゃん(犬)、ミャーちゃん(猫)という設定になっています。

ここまでがスガキヤの基礎知識。では次からはスガキヤがどんな鍋スープを販売しているのかをみていきましょう。

 

スガキヤが製造・販売している鍋スープ

スガキヤでは3種類の鍋スープを製造・販売しています。

和風とんこつ鍋つゆ(ストレートタイプ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SUGAKIYA 和風とんこつ鍋つゆ(ストレートタイプ) 750g
価格:432円(税込、送料別) (2018/4/15時点)

 

スガキヤのラーメンのスープをそのまま鍋スープにした商品。あの味を家庭でも味わうことが出来ちゃうんです。

スガキヤラーメン未体験の人で「一度はスガキヤのラーメンを食べてみたい。けど、わざわざ店舗に行くのが面倒・・・」という場合にはこのスープで鍋を食べるといいでしょう。

食べやすく誰でも好きになっちゃう味です。

寿がきや 八丁味噌みそ煮込鍋つゆ

味噌どころ愛知県岡崎産の八丁味噌を使用した、本格みそ鍋スープ。深いコクとブレンド出汁が味わえます。

塩タンメン鍋つゆ

そして記事にもした「塩タンメン鍋つゆ」です。こちらは残念ながら、現在手に入れることが出来ません。

ナベオ
オフシーズンだから仕方ないね。

 

シーズンになったらもう一度食べたい味です。

あわせて読みたい

【スガキヤ】「塩タンメン鍋つゆ」はコクがあってメチャうま!味チェンはバターラーメン風がおすすめ

まとめ

今日は鍋スープも製造・販売しているラーメン店「スガキヤ」のご紹介でした。

東海地方では「知らない人はいない」と言ってもいいくらいの存在なんですが、全国的には知らないという人もいるでしょう。そんな方には一度は味わってもらいたいです。

ぜひ食べてみてください!