【鍋の具材】油あげって美味しいけど、気を付けないと悲惨なことに・・・

最近、鍋の具材でマイブームなのが「油あげ」です。

 

油あげっていうと和風系の鍋スープにしか合わなさそうなイメージがありますよね。

ナベオ
和の食べ物だからね。

 

でもこの油揚げ、意外といろんなスープと合うんですよね。今までで油あげを入れた時の鍋記事は以下。

あわせて読みたい

【イチビキ】「ちゃんこ鍋つゆ」を使って「とろろ鍋」に初挑戦!果たして子供は食べてくれるのか?

こちらも読みたい 

【イチビキ】「しょうが糀鍋スープ」はあっさりとした味が特徴。身体を温める効果も!

高級具材とも合う

【お取り寄せ】「あんこう鍋」をお取り寄せ!ふるさと産直村を実際に利用した感想も

辛いスープとも合うよ

【ダイショー】の「旨から赤鍋スープ」は甘くて辛い!?どっちやねん!「ちんげんさい」を入れると旨さが増すよ

 

このように万能具材である油あげですが、入れ方をよく考えないと、少し困った現象を引き起こすんですよね。

ナベコ
どんな現象だろう?

 

今日はそれを教えたいと思います。これを読んで、万能食材「油あげ」を存分に楽しむ術を身につけましょう。

油あげを入れるとどんな現象が起きるのか?

油あげを入れると起こる現象。それはスープが吸われてしまい少なくなってしまうという現象です

油あげってあのフワフワの生地ですから。そりゃスープも吸ってしまいますよね。油あげの存在を知っている人なら誰でも想像つきそうな事態です。

 

スープを吸われないためには、どうすれば良いのか?

ナベオ
油あげにスープを吸われないためにはどうすれば良いの?

 

これは単純に、油あげをあまり早い段階で鍋に投入しなければいいですよね。

早くから入れなければ、スープをあまり吸われる心配もありません。油あげはそのままでも食べられる物なので、ぐつぐつと煮込む必要もありませんから。

油あげはスープを吸うからこそジューシーで美味しいという事実も

ナベコ
でも鍋に入れる油あげの美味しさって、スープを吸ったジューシーなところじゃないの?

 

そうなんですよ。それが鍋に入れる油あげの魅力。最大の魅力です。口に含み噛んだ瞬間に溢れ出すスープ。あれが油あげの真骨頂とも言えるんですよね。だから、悩ましいところでもあるんです。早い段階で鍋に投入してスープを吸わせるか、スープの減りを防ぐため食べる直前に投入するか。

ナベオ
もっとも良い解決策はないの?

 

解決策!濃縮タイプのスープを使って、スープの量を増やしましょう

油あげにスープを吸われても大丈夫となる解決策。それは、ストレートタイプの鍋スープではなく、濃縮タイプの鍋スープを使うといったことです。

ストレートタイプなら使い切ってしまったら、おいそれとはスープの追加が出来ませんが、濃縮タイプを使えば減ったスープに追加が出来ます。なので、油あげを早めに鍋に投入し存分にスープを吸わせてあげることが出来るんです。

ナベコ
そうすれば美味しい油あげが食べられるということだね。

 

そういうことです。なので、たっぷりとスープを入れて、ジューシーな油あげを食べましょう!