日本に大寒波襲来!!身体が温まる辛口鍋スープで寒さを吹き飛ばせ!

1月も下旬。冬の寒さがピークを迎えようとしています。そして今年も日本に大寒波がやってこようとしています。

これを書いている1月24日の二日前、1月22日には関東地方でも四年ぶりの大雪となりました。

ナベコ
東京への大雪警報も四年ぶりに発令されました。

 

 

そしてまさに1月24日から27日までの今週末までにかけて、日本列島を大寒波が覆うという予想になっています。

大雪と暴風雪及び高波に関する全般気象情報 第9号 平成30年1月24日16時32分 気象庁予報部発表

(見出し)
日本付近は27日ころにかけて強い冬型の気圧配置が続く見込みです。北日
本から西日本では日本海側を中心に大雪や猛ふぶき、吹きだまりによる交通
障害や高波に警戒し、なだれに注意してください。

引用:気象庁HP気象情報

 

 

いやー寒くなりそうです。皆さま風邪などをひかないように、暖かくして備えてください。

 

ナベオ
身体を温めるのに最適な方法って何がある?

 

それはもちろん鍋を食べることですよっ!温かい鍋を食べれば、寒波なんて吹き飛びます。

では、こんな寒さ厳しい日に食べたい鍋スープを紹介しちゃいますよ。これを食べて身体ポカポカになりましょう。

 

 

寒さ厳しい時に食べたい鍋は?

寒い日には鍋料理が本当におすすめなんですが、その中でも最もおすすめするは、やはり辛い系の鍋です。辛い系の鍋を食べた時の身体の温まり具合はハンパじゃありません。

ではおすすめスープを載せていきましょう。

激辛!!鍋スープ

【イチビキ】赤から鍋スープ15番

 

市販の鍋スープの中で最も辛いのは、おそらくこれです。

赤からシリーズは1番から15番まで販売されており、最も辛いのがこちらの15番。私は辛いのが得意というわけではないので、これを食べる勇気はありません。1番は食べことがあり、それでも汗が出てくるほどの辛さでした。なので15番なんてとてもじゃないですが・・・。

一口食べれば間違いなく寒さが吹き飛ぶでしょう。

【九重味醂】半殺しカレー鍋

こちらも異常な辛さの鍋スープ。食べれば数秒で汗が噴き出てくるでしょう。口の中がヒリヒリするのは当たり前で、感覚がなくなってしまうかも。

ナベオ
名前がコワいね。

この半殺しシリーズにはカレーの他に、チゲ味、トムヤムクン味があるので、お好みの味を選ぶと良しです。

 

老騾子 朝天麻辣鍋底醤(激辛鍋の素)

鍋スープとしての利用はもちろん、餃子やワンタンのタレとしても使用が可能な激辛の素。ご飯にそのまま乗っけても美味しいでしょう。

イオンモールにも店舗を構えている「カルディコーヒーファーム」店舗でも買うことが出来ます。
 

中辛の鍋スープ

【モランボン】濃厚 キムチチゲ用スープ 辛口

 
 
激辛ではないけれど結構辛い鍋スープです。でも、旨味もたっぷりあるので、人気があります。
 
旨味のヒミツは、魚介類のダシ。オキアミ塩辛、魚醤、渡り蟹などを熟成・発酵させた原料を使用しているので、濃厚なコクが楽しめます。
 

【ダイショー】赤いスンドゥブ チゲ用スープ 中辛

 
韓国鍋料理のスンドゥブも辛くて有名ですが、こちらは辛さを抑えたタイプです。これでも十分身体は温まります。
 
ところで、スンドゥブと言えば豆富が主役の鍋料理です。豆富と肉があれば野菜は少しで済みます。近頃の野菜価格の高騰で野菜が手に入りにくい場合は、スンドゥブを選択するのも良いですね。
 
 
 
 
 

辛さを抑えた食べやすい鍋スープ

【日本食研】コク深 キムチ鍋の素

 
辛さを抑えコク深い味に仕上げてある鍋の素です。魚介類のエキスが入っており、深い旨味を感じられます。辛いのが苦手な人やお子様でも食べやすくなっています。
 
汗をかかない程度にほんのりと身体を温めたい場合に食べてみましょう。
 

 

【マルサンアイ】ピリ辛とり野菜みそ キムチ鍋スープ

 
石川県の名物鍋の素である「とり野菜みそ」のキムチ鍋バージョン。ピリ辛仕立てになっており辛さが抑えられているので、どなたでも食べやすいです。
 
濃厚なピリ辛みそ鍋で体をポカポカさせましょう。
 
 
 
 

まとめ

大寒波をしのぐには鍋を食べることが一番です。

あわせて読みたい

【検証】鍋をやると部屋は暖かくなるのか? 検証したら想定外の結果が!

特に辛口の鍋を食べれば、身体がポカポカ温まりますよ。風邪をひかないように鍋を食べましょう。

ナベコ
暖房よりも、着込むよりも
ナベオ
辛口鍋を食べましょう!