10倍美味しくなる!!家庭のすき焼を簡単に美味しくするウラ技!

こんにちは!

すき焼って美味しい鍋料理なんですけど、家で作ったものとお店で食べるものだと味が違うと感じたことありませんか?

お店で食べた味を覚えておいて家で作ってみたけど、思いのほか美味しくならない・・・といったことがあると思います。

ナベコ
確かに。家で作ったものだと、お店のとは違うよね。
ナベオ
そうそう。特に姉ちゃんが作った奴はイマイチ!
ナベコ
あれれー?ナベオくん、何か言ったかなー!?(怒)
ナベオ
いえ、何でも・・・

 

今日は家庭で作るすき焼が、お店のもののように美味しくなる「簡単な裏技」を教えます!

ナベオ
姉ちゃん、しっかり教えてもらってよ!

 

10倍美味しくなる裏技

 

家庭とお店、どこで差が出るの?

では、家庭で作るものとお店で食べるすき焼で味に差が出るのはなぜでしょうか?

 

それは、「割り下」に差があるからなのです。

 

お店の割り下と家庭の割り下。その違いは、材料の比率にあるんです。

 

この比率にこだわった割り下を作れば、家庭でもお店の味を再現できます。
しかも作り方は簡単!誰でも作ることが出来るので、ぜひおすすめです。

ナベコ
そうか!割り下が違うんだね。
ナベオ
具体的には何を入れるんだろう?

10倍美味しくなる割り下レシピ

安い食材で美味しいすき焼きを作るには、割り下を美味しくする必要があります。

 

今から紹介するレシピで割り下を作れば、家庭のすき焼が10倍美味しくなるんです!!

 

作り方は簡単。
醤油・みりん・料理酒にざらめを混ぜ合わせるのです。通常はざらめではなく砂糖を入れるのですが、ざらめを使った方がよりコクのあるたれが出来上がります。

また、昆布なんかを入れてみてもダシがでて美味しくなるんです。

割り下の黄金比率はこちら

しょうゆ4みりん2.5料理酒0.5ざらめ2水1
 
こちらの比率を守れば、お店と同じような割り下が出来ちゃうんです。
 

まだまだあります!美味しくする裏技

割り下にこだわって美味しいすき焼になったと思いますが、まだまだ美味しくすることは可能です!

ネギは鍋に入れる前に牛肉と炒めておく

長ネギは切ってそのまま鍋に入れるのではなく、牛肉と一緒に炒めましょう。

そうすることで牛肉のうま味とネギのうま味が融合するのです。

 

また、ネギは寝かすのではなく立てて火にかけると中までしっかり火が通るため、甘く柔らかく仕上がるのです。

ナベオ
人気の「スタンディング ネギ」だね!

安いお肉でも美味しいすき焼を作る方法

ナベコ
高い牛肉を使えば、美味しく出来るよね。でも高いお肉にはなかなか手が出ないわ・・・
ナベオ
姉ちゃん安心して!安いお肉を美味しくする裏技もあるらしいよ!

安いお肉でも美味しいすき焼を作る裏技があるんです。

 

それは、肉をココナッツミルクに漬けておくという方法です。

 

ココナッツミルクに含まれている「ラクトン」という成分は、霜降りの牛肉に含まれている成分に似ているのです。なので安いお肉でもココナッツミルクに漬けておけば、霜降り牛に近い風味が出るんです!

分量は

牛肉200g:ココナッツミルク大さじ2杯:無糖練乳大さじ1杯

 

 

 
これを保存袋に一緒に入れてよく混ぜ合わせます。軽く揉んだら冷蔵庫で30分ほど寝かせるだけです。
 
これで安いお肉でも美味しくなります♪

 

 
ナベオ
すき焼にはいろいろ裏技があるんだね
 
ナベコ
今夜あたり試してみましょー!